FX投資では、移動平均線…

こんにちは。今日はFX投資では、移動平均線やMACDをはじめ、ストキャスティクスのようにいくつものラインを使用したテクニカル指標を利用して技術的な分析を行うことがたくさんあります。それらのいくつものラインが下限の位置で、下から上へ向けてクロスする現象のことをゴールデンクロスと称し、買いエントリーするタイミングを決断するのに、活用しています。FX投資を初めてする方もどちらかと言うと覚えていたほうがいいでしょう。FX会社が倒産してしまうと、預けておいたお金を失うことが考えられますから、信頼性をちゃんと確かめて選んでください。また、レバレッジはメリットがある反面、デメリットを被る場合もあります。自分の元手より多い金額を扱うことが可能なのは喜ばしいことですが、負けると大きな損失を出してしまうことになるでしょう。FXには、いろんな専門の用語があります。指値や逆指値などの言葉は、FXだけでなく、株でも使用します。指値注文は成行注文と比べて、計画的な取引が望めるという特徴がある反面、取引が成立し辛いという弱点があります。逆指値注文の方なら上手く使うと、損切りが早めに行えます。

日経225とFXはどっちの方が稼げるのか、多くの方が気になっているのではないでしょうか?これは非常に難題な問題で、その人の立場によって違うと考えた方がいいかもしれません。どっちも投資という似ている点はありますが、何カ所か違う点があるので、そこを見極め、どちらの方が自分自身に合っているのかを決めた方がいいでしょう。

FX投資の魅力の一つに、レバレッジが挙げられます。レバレッジというこの言葉を直訳してみると「てこ」という意味で、取引保証金(証拠金)をFX業者に預けると、その金額以上の取引ができることを意味します。どのくらいのレバレッジをかけることが可能であるかはFX業者によってまちまちですが、規制前と比較すると、低い倍率になっています。

外国為替証拠金取引を本業にする場合、本業における収入と同等の利益が外国為替証拠金取引で得られるかどうかです。本業がちゃんとあり、副業としてFXに投資しているならば、その手軽さもあって、もしかしたら本業よりも多くの金額を稼げていたかもしれません。しかし、FXを本業にするとなると、それだけのプレッシャーがあります。次回をお楽しみに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です