FX投資では、移動平均線・・・

こんばんは~。FX投資では、移動平均線、MACD、ストキャスティクスといったいくつものラインを使ったテクニカル指標を使用して専門的な分析をすることがよくあります。その複数あるラインが下限の位置で下から上に向けて交差する現象をゴールデンクロスと言い、買いエントリーの頃合いを判断するのに、用いています。初めてFX投資をする方も覚えておいたほうが身のためでしょう。

外国為替証拠金取引を本業にするのならば、本業と同等の収入が外国為替証拠金取引で得られるかどうかです。本業がきちんと存在し、副業としてFXで稼いでいる場合は、そのプレッシャーのなさもあって、もしかすると本業よりも多額の金銭を稼げていた可能性もあります。けれど、外国為替証拠金取引が本業となると、それだけのプレッシャーがあります。

本屋を訪れるとFXに関係する本がたくさんあり、その中には、FX投資成功者が出している本もあります。数千円で売っているので、こういった本をいくつか購入して、自分なりに運用のルールを作ってみてください。運用ルール学習の時には、初心者に向けたものではなく、中、上級者に向けた本を選ぶのが要となります。スワップ投資なのだからといって、絶対に儲けが出るというものではないですし、損となることもありますでしょう。FX初心者がスワップ投資をする場合には、低い設定にレバレッジをしておくことが大切なこととなります。それから、どういったFX業者に口座を開くかも、かなり重要です。

FXにおいてスワップというのは、外貨を購入する際に借りた通貨の金利と買った外貨の金利の差のことです。スワップと呼ばれることも多いですが、正式な専門用語では、スワップ金利又はスワップポイントと呼称されています。このスワップ金利は、毎日変わっており、その通貨を手放さない限り受け取れます。

FX初心者が注意すべきことはレバレッジを注視することです。相場の動きが予測とずれてきているにもかかわらず、適当な気持ちでナンピンすると、気付いた時には高レバレッジの状態になり、証拠金維持率の状態などを確認しておかないと強制的にロスカットさせられます。強制的に決済させられると、大きな損になることがほとんどです。それでは、今日はこの辺で!また~!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です