FX投資では移動平均線を・・・

みなさん、知っていますか?FX投資では移動平均線をはじめ、MACD、ストキャスティクスなど複数のラインを用いたテクニカル指標を使ってテクニカル分析をすることが少なくないです。それらのいくつものラインが下限の位置で下から上に向けて交差する現象をゴールデンクロスと言い、買いエントリーするタイミングを決断するのに、使っています。FX投資が初めての方も記憶にとどめておいたほうがいいでしょう。

FXのレバレッジは、いくらくらいにしておくのが良いかと言うと、始めたばかりの方でしたら、2から3倍程度が妥当なところでしょう。レバレッジの限度は利用するFX業者によっても別となってくるので、レバレッジを高くかけることのできることもあります。しかし、そうするとその分リスクも高まってくるため、わずかなレートの変動によってもロスカットを即座にされてしまいます。

FX業者ごとに取引システムは違っており、自分にとって利用しやすいところと合わないところがあります。その使い勝手を判断するためにも、模擬取引を利用することには意義があります。また、FX業者によっては、賞品が出るところもあります。上位に入賞した暁には外車などがもらえる模擬取引もあり、緊張感を持って楽しむことができるでしょう。

FX取引では、相場が大きく変化する時間帯をきちんと理解しておくことが不可欠です。代表的なものが米国の雇用統計が発表された後の時間帯です。さらに、米国FRB理事会の後も大きく変化します。1日の間でも日本、欧州、米国の主要市場の取引開始から大幅に変動する場合もあるので、市場が始まる時間をきちんと把握しておくようにしてください。

為替差益で稼ごうとする際に、貨幣の売り買いのタイミングを判断する素材の一つとなるのが在庫比率です。ポジション比率とはメジャー通貨ペアが所有されている外貨の単位を比べたものです。FXの予想利益を知るには、企業のサービスを利用してくれている人達のポジション比率を公開しているFX会社のサイトを参考にするといいでしょう。日経225とFXではどちらが稼ぎやすいのか、気になられている方も多いのではないでしょうか?これは簡単ではない問題で、人によって異なると思っておいた方が良いかもしれません。二つとも投資という共通していますが、違ったところが何カ所かあるので、そこを見極めて、どちらが自分に合っているのかを決断した方がいいでしょう。ではでは、また。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です