FXには、様々な専門の用

FXには、様々な専門の用語があります。指値とか逆指値というような言葉は、FXだけでなく、株でも使用します。指値注文というのは成行注文と比べてみて、計画的な取引が望めるという利点がある反面、注文の取引が成立しにくいという弱みもあります。逆指値注文は上手に使うと、早めの損切りが可能です。

FXでは投資家の失う金額が増えすぎないように、一定の割合を超えた損失が発生すると強制的にロスカットする仕組みを用いています。相場が激しく変化していたり、翌日や週明けに大きな窓を開けて取引が開始するとロスカットのレベルを大きく下回ってしまい、証拠金を上回る損失が生じるケースがあります。

FXの場合は、どの通貨ペアに投資するかが重要になりますが、初心者だと全く理解ができないでしょう。理解にはある程度の時間が必要になるため、全く分からない状態で取引を開始してしまうと負ける可能性が高いです。一方、日経225というのは投資対象が日経平均株価であるため、個別の銘柄を選択せずに済み、容易に投資できるといえます。

FXでのスワップというのは、外貨を購入する際に借りた通貨の金利と購入した外貨の金利の差のことです。スワップと略されることも少なくありませんが、正式な専門用語では、スワップ金利及びスワップポイントと呼称されています。このスワップ金利は日々変化しており、その通貨を維持している限り受け取りが可能です。

FXの主流は、短期の取引です。一般的には、デイトレといいます。デイトレでいう「デイ」というのは、日本時間での0時から24時ではなく、ニューヨークでいう時間になります。要は、世界の金融は、ニューヨークが中心となって回っているというわけであります。短期トレードは、価格が急激に変化する危険性が低めになりますが、その分、大きな利益も得るのが難しくなります。

外国為替証拠金取引は少ない金額からスタートする事ができ、レバレッジ効果を機能させれば実際の証拠金の何倍もの取引ができるので、始める前の期待感は非常に高いと推測します。けれども、その分、危険性も同じだけ高いことを絶対に覚えておきたいものです。

FXの自動売買を使うとはたして儲かるのでしょうか。絶対に儲かるとは言えませんが、FXでの自動売買を使うと相場の動きを上手に読むことのできない初心者の方でも利益を生むことがあります。また、売買のタイミングというのを自分で決めなくてもいいので、鬱憤が溜まることもありません。ただ、急な市場の変化にはついていけないため、注意が必要となってきます。株式取引というものには自動的に税金を持っていかれていく特定口座が存在しますが、FX取引の場合は特定口座がまだないため、税務署に自分で納税する必要があります。ただ、計算を間違えたり、つい忘れたりして脱税してしまう不注意が増えています。税率が株式と同等程度となったFXの場合でも特定口座制度の設立が期待されています。FXはスワップポイントを目的に高金利通貨の豪ドル円やニュージーランドドル円を保有をし続けていくこともありますが、円高が保有後に進んでしまうと手にしたスワップポイントより為替差損が増えてしまう可能性が起こり得ます。FX投資をスワップポイント目的で行えば、利益が出やすいといわれがちですが、損失が出ることもあるのです。では、また明日( `・∀・´)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です