FXで取引をやっていると

おつかれちゃん。FXで取引をやっていると、ついつい欲が出てしまって、高いレバレッジをかけての取引を行ってしまいがちです。そうなると、最も悪いケースでは証拠金が足りない状況となり、もう二度と相場に戻れなくなってしまいます。そんな事態にならないためにも、FXに慣れ親しむまでの間は、2~3倍くらいの低いリスクで取引を行っておく方が安心です。

FXの取引を行うときは、為替相場が大きく変動する時間帯をきちんと理解しておくことが大切です。典型的なものがアメリカの雇用統計が発表された後の時間帯です。その他に、米国FRB理事会の後も大きく変動します。1日の中でみても日本、欧州、米国の主要市場の取引開始から大幅に変動する場合もあるので、市場が開く時間を十分理解しておくようにしてください。

FXの口座を開設するにあたって、必須のものがあります。それは、本人を確認することのできる書類です。これを準備しないとFX口座を作ることはできません。一般に提示されることが多いのは運転免許証、健康保険証、パスポートの3つです。住民票の写しや印鑑登録証明書を提示するのであれば、原則的に郵送になるので、メール送信できる書類にした方が便利でしょう。

FXでは差金決済で1日に何回でもトレードすることができるのを利用してスキャルピングという方法を利用することができます。この取引手法では、一度の取引の利益は少ないのですが、トレードの回数を増やしてわずかな利益を積み重ねていくのが一般的な手法です。利益確定や損切のpipsも最初から決めておきます。

FXであればレバレッジをかけられることもあり、自分の予想とは逆に動いたときには、やむを得ず損切りをすることがすごく多くあることと言えます。一気に手持ちの資金が無くなるということも、多々あることなのです。ただし、FXは株よりも利益を効率よく上げることができるとは言えるかもしれません。

FX投資の一つの魅力は、レバレッジがというものがあります。レバレッジというこの言葉を直訳してみると意味は「てこ」ということで、FX業者に取引保証金(証拠金)を入れると、その金額以上の取引を可能にしてくれます。どの程度レバレッジをかけられるかはFX業者によって異なりますが、規制前と比較してみるとわかりますが、その倍率は低いものになっています。

FXの場合は、どの通貨ペアに投資するかが重要なポイントになりますが、初心者だと、何をどうすればいいのか全く分からないでしょう。理解にはある程度の時間が必要になるため、無知の状態で取引を始めてしまうと負けるケースが多いです。一方、日経225というのは投資対象が日経平均株価であるため、個別の銘柄を選ばなくてよく、容易に投資できるといえます。

外国為替証拠金取引の交換投資をする場合、どんなことよりもまず、外国為替証拠金取引業者選択が重要です。どうしてかというと、スワップポイントそのものがFX会社によって異なりますし、僅か少しの違いでも長い間保持する上では小さくない差になってしまうからです。また、信頼性の低くない外国為替証拠金取引業者を選ぶということも外せないポイントです。

FXで使用されるテクニカル指標としてたくさんの人に利用されているのがボリンジャーバンドと言われているものです。トレンドの規模とトレンドの方向が視覚的に分かりやすく、トレンドが生じたらエクスパンション(バンド拡大)が現れるので、トレンドフォローの取引に向いています。逆に、バンドの収縮はトレンド終了の兆候として役立てることができます。それでは、今日はこの辺で!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です